定員6名という少数制でアットホームが特徴の当研修も今年度の4回目が始まりました。

12月21日までの間に、講義7日の後に筆記試験をおこない、最後に演習1日をおこないます。研修講師は、ラポールケア市川・新田の取締役でもある 萩原 直美です。自己紹介では必ず「私は、医療と介護のハーフなの」「ハスキーな声は風邪じゃありません」と言います。そして、医療側から見ると胃ろうだけど本人から見たら食事…その根本を忘れずに安全にお手伝いできるように勉強しましよう!とニッコリ。

来年1月からの第5回研修の日程は、近々お知らせいたします。